ii

奈良県の不動産 中古住宅、田舎暮らし、リフォーム、土地、 新築住宅などの住宅情報

ホーム > 物件情報 > 吉野群天川村洞川

吉野群天川村洞川

こちらの物件は商談中となりました。

金額 680万円 物件種別 田舎建中古住宅
アクセス バスの場合:奈良交通バス「洞川温泉」バス停より徒歩5分
車の場合:近鉄吉野線下市口駅から車で28km42分ほど
敷地面積 宅地341.12㎡ (103.2坪)
山林161㎡ (現況畑)
建延面積 182.36㎡(55.16坪)
ビュースポット 駐車場有 田舎物件 庭付き 畑あり 室内綺麗
  • 昭和20年台に建てられたレトロな家屋。
  • 洞川温泉まで徒歩6分の立地。
  • 室内室外ともにリフォームされており、たいへん綺麗です。そのままご利用・お住まいになれます。
  • 魅力満載の天川村物件。様々なレジャーをお楽しみになれます。
  • 可愛らしいお庭と畑になるスペースもついています。
  • 大自然に包まれた昭和レトロな風情ある街の一区画です。
  • 天川村のレジャー用の拠点や別荘に最適。

街中に住んでいた頃、時々たまらなく行きたくなる場所がありました。近所にあった銭湯です。どんな場所で暮らしていても、銭湯や温泉は心と体をほっと一息つかせてくれるスポットです。日本は特に湯屋文化が深い国ですよね。お風呂が好きという方は多いと思います。誰しもが記憶のどこかに旅先で行った温泉や、幼い頃親に手を引かれ行った銭湯など「お風呂」にまつわる思い出があるかもしれません。奈良県を代表する温泉街「吉野群天川村洞川」は昭和にタイムスリップしたかのような風情あるレトロタウンです。訪れると懐かしい記憶が思い出されるような、そんな町並。このお家は温泉街の一角にある、黄色の外観が可愛らしい物件です。ご家族や訪れるお客様のために、丁寧に管理とお手入れを重ねてきた「居心地の良い居宅」。そして近所の銭湯に行く感覚で、温泉を楽しめる素敵なロケーション。夏も間近になりましたね。これからの季節にぴったりの素敵なお家とロケーションです。じっくりとご紹介していきます。

「ただいま!」と言いたくなる心地よいお家。

例えば、お友達を招く際の目印に「黄色のお家」と言えるくらい青空に映える可愛らしい外観。駐車スペースは広く玄関先に作られています。複数台余裕で駐車できます。※車種によります。玄関は少し広めに作られており、室内丁寧に管理されています。同じ年代の物件を沢山見てきましたが、比べられないほど室内たいへん綺麗です。おそらく初めて訪れた方は、このお家が昭和20年代に建てられたものとは気付けないと思います。

吉野群天川村洞川:黄色の外壁写真

吉野群天川村洞川:駐車場写真

吉野群天川村洞川:広い玄関写真

お家全体に感じるのは特別な華やかさはなくとも落ち着ける「不思議な居心地の良さ」でした。事前情報なく物件の取材をしておりましたが、後にオーナーさまのインタビューでこの謎がとけました。もともと洞川は温泉よりも宿場としての歴史が深い町でした。こちらのお家はその昔、近隣の宿が満室になった場合の宿としても、利用されていた歴史があったそうです。2Fの和室廊下が畳廊下になっている事や、トイレやお風呂への導線が広くなっている事。談話室が用意されていること。各所に心遣い感じる室内は、その頃の名残が残っているのだなと感じました。

吉野群天川村洞川:リビングと和室写真

吉野群天川村洞川:談話室・応接室写真

時は流れても、生活の中で家屋のお手入れをきちんとされてきました。屋根は何度か修繕されていますし、屋根裏部屋はクローゼットルームとしてリノベーションされています。ご親戚が年に何度か訪れる際は、隠れ家のようにお孫さんの遊び場になっていたようです。各居室の写真を見て頂ければわかりますが、壁や天井たいへん綺麗な状態で保たれています。丁寧に修繕と管理を重ねてこられました。家は住む人によって、こんなに素敵に長持ちするのだと感心しました。お家のメンテナンスリフォームに相当なコストがかかっています。そしてそれ以上に訪れた人が「楽しく・気持ち良く過ごせるように」というオーナーさまの愛情を感じるお家です。おもわず「ただいま」と言いたくなる、実家や馴染みのある旅館に帰ってきたような不思議な居心地の良さを感じていただけると思います。

吉野群天川村洞川:屋根裏の改装したお部屋写真

吉野群天川村洞川:2階和室写真

吉野群天川村洞川:屋根写真

 

吉野群天川村洞川:間取り図

レトロで可愛い日の当たるお庭。

物件周りに高い建物はありません。木板が張られたバルコニーにお日様が燦々と入ります。お家の後方は写真のように小さな丘のようになっています。高さはありませんので圧迫感も感じませんでした。このお庭も室内に負けないほどレトロで良い雰囲気。駐車場・お庭もオーナーさまの手作り。別の場所にある畑への通路をかねて、丘を上がれるように木のハシゴ階段がつけられているのですが、花も飾られており、雰囲気が何とも可愛らしく素敵な空間になっています。春になると鮮やかな桃の花も見れるそうです。

吉野群天川村洞川:お庭写真

吉野群天川村洞川:お庭写真

吉野群天川村洞川:ベランダから見える丘写真

物件から少し離れた場所に畑スペースもついています。イノシシ避けもすでに設置されています。すぐにでも作物造りを始められます。畑に向かう道中、少し高台から見える洞川の町並と遠く鍾乳洞のトロッコや吊り橋が見えます。洞川の町が大自然の中にある事がよくわかります。畑まで5、6分ほどの散歩ですが、この時間も訪れた際の素敵な時間になるかもしれません。

吉野群天川村洞川:畑写真

吉野群天川村洞川:洞川の町並写真

 

汗をかいたら温泉に行こう!

参拝や、オートキャンプ・みたらい渓谷ハイキングなどのアウトドア。名水のお水くみなど、天川村周辺は見所やレジャースポットが満載です。でもやっぱり〆は「温泉」です。天川村には、温泉スポットがいくつかありますが「洞川温泉」は天川を代表する温泉施設です。「洞川温泉センター」まで徒歩6分ほど。風通りの良い懐かしさを感じるレトロな町並を抜けて温泉に向かいます。途中お店がいくつかあり、川魚の塩焼きを食べれる焼魚屋さんや、美味しいお寿司とお蕎麦を出してくれる日本料理屋さん、気軽に入れる定食屋さんなどがあります。別荘としてお越しになるさいは、何を食べるかも楽しみの一つになりそうです。グリーンブルーの綺麗な川が見えてきたら温泉までもう少し。奈良県の自慢は、個人的にいくつかあるのですが綺麗な川もその一つです。南エリアの「室生」や「吉野」の川は写真のように透き通る鮮やかな色をしている所が多く、春から夏にかけてのシーズンは特に綺麗です。

吉野群天川村洞川:近隣の町並写真

吉野群天川村洞川:山上川写真

吉野群天川村洞川:釣りも楽しめる山上川写真

吉野群天川村洞川:洞川温泉センター写真

洞川温泉の水質は肌に強すぎない単純温泉。露天もあるので自然の空気を感じながら、ゆっくりと温泉を楽しむ事ができます。湯あがりに、洞川自慢の名水「ごろごろ水」を是非飲んでみてくださいね。洞川はイベント事も多く開催される街です。ちょうど写真撮影した時期は七夕参道が開催されていました。街のいたるところに願い事の書かれた短冊が風に揺れていました。いつ来ても、風景に風情と懐かしさを感じる事ができる田舎町です。

吉野群天川村洞川:畑写真

昭和レトロな街と温泉。自然豊かな四季折々の風景。今日はゆっくり時間を忘れてすごそう。

昭和レトロな街と温泉。自然豊かな四季折々の風景。今日はゆっくり時間を忘れてすごそう。

このお家の魅力は、レトロな洞川の町と同じように優しい気持ちになれる事。オーナーさまとお話していても感じましたが、街全体に感じる暖かい雰囲気はお住まいになられている方に、昔ながらの「ようこそ」の気持ちが色濃く残っているからかもしれません。また温泉好きには最高のロケーションです。ぜひお問い合わせください。現在もオーナーさまがご利用されている物件となります。ご案内については完全予約制となります。新型コロナウィルス対策として栄光ホームでは、ご案内について予約制を導入しております。詳しくはこちらをご覧ください。ご質問ご案内のご予約はお電話か下記フォームメールからお問い合わせください。

この物件についての資料請求・お問い合わせはこちら!
物件名 吉野群天川村洞川 金額 680万円 アクセス バスの場合:奈良交通バス「洞川温泉」バス停より徒歩5分
車の場合:近鉄吉野線下市口駅から車で28km42分ほど
物件種別 田舎建中古住宅 敷地面積 宅地341.12㎡ (103.2坪)
山林161㎡ (現況畑)
建延面積 仮面積 182.36㎡(55.16坪)
建物構造 木造瓦葺一戸建て 間取 9DK+納戸 築年月日 昭和25年頃
地目 宅地・山林 都市計画 都市計画区域外 地勢 平坦
状況 別荘利用中 設備 電気・水道・下水・LPガス 取引態様 仲介
接道状況 北西側 幅員 約4m
その他 敷地前面広々とした駐車スペースになっています。
この物件についての資料請求・お問い合わせはこちら!

お問い合わせ