奈良県の不動産 中古住宅、田舎暮らし、リフォーム、土地、 新築住宅などの住宅情報

ホーム > ご購入から ご入居になるまでの流れ -売買契約について-

イメージ

ご購入から ご入居になるまでの流れ
-売買契約について-

不動産購入は人生の中でも大きな買い物です。そして初めての購入になるお客様が殆どです。
ここでは、お客様からよくご質問をいただくご購入からご入居になるまでの流れや、住宅ローンについての流れ等を詳しくご説明いたします。

売買契約の4つのステップ

    • 01
    • 購入の申し込み
      購入する物件がきまったら買付証明書をご記入して頂きます。
      署名・捺印・希望金額を記入して頂いてから、売主様に交渉させて頂きます。
    • 02
    • 住宅ローン事前確認
      お客様が住宅ローンをご利用の場合、あらかじめご希望の融資を受けれるか事前に金融機関に確認させて頂きます。
    • 03
    • 重要事項説明
      重要事項説明とは、売買契約の締結に先立って、物件自体の詳しい内容の説明です。権利関係・将来建て替えができるか・敷地や道路・水道や下水が入っているかなど宅地建物取引主任者の資格を持つ担当が重要事項説明書をご説明させて頂きます。ご不明な点などがあればその場丁寧にご説明させて頂きます。
      ご納得のうえ、ご署名、ご捺印ください。
    • 04
    • 売買契約の締結
      売買契約締結では当事者の権利・義務等記載されている不動産売買契約書に基づいて確認を行います。 買主様と売主様が署名・捺印し、買主様が手付金を支払って契約が正式に成立します。

お問い合わせ